現在のtopはこちら⇒INDEX

2004/3〜2005/3月までの戯言です
 3月  2月  1月  12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月   
2005/01/31(Mon) 14:47 おはようございます
昨日の有明イベント会場で、友人を待っていましたら、
他に私と同じように、友人を待っているグループがございました。

そしてそのかたがたがお会いになられたときに発したセリフ。



「おはようございマスタング!




ちょっとまて。それはもう何か違う。
私は関西人です。
もう今すぐ精一杯手のひらに力を込めて、甲で景気よく
「なんでやねーーーん!」
とつっこみたくて仕方ありませんでした。
そのかたがたももちろん冗談だったので、笑っておられました。


おはようござい までいい子なんだぞ。
そこですに続きがあるんですよ。
おはようございます・・・・・
はようございます
ございます

ご ざ い ま す た ん ぐ 。


だめだもうワケワカラン。
アホか。(私が)


お料理を運びますたんぐ。
こちらの賞品をお持ちいたしますたんぐ。
お相手いたしますたんぐ。

ますたんぐ・・・?

もう誰だかわからなくなってきた。
暖かい午後の日差し。
あの場で
わたしも

一度

言い放ってみたかった。

おはようございますたんぐ。

それがたとえ
関西人が恐れる「はずした」ネタであろうと。


2005/01/31(Mon) 12:31 マジ疲れた
けど楽しかった。
中猫関連のイベント感想は中猫公式サイトへ〜。


当日は当方、憧れの某猫さんの所の列へ。
列から自分のサークルを眺める暴挙。
初売りなのにな。何やってんだバカ!
それでも欲しかった。
そして「死ぬ気で買って来い」といっていた先輩に殺されそうな勢いで釘を刺されていたのでがんばって並んだ。本気で殺されるかと思った。
豆の人は良い人でした。素敵でした。次はHの人に会いたいです
豆さん本もらってしまってすいません。Hさんお土産ありがたすぎです。


さて。


こういう日にしか朝早く起きない日曜日。
当日はデカレンジャーを見ておりました。見るのは初めてです。
ボスが犬だったことに驚きました。
とりあえずそろそろ最終回っぽいですね。
既に次回新番組予告が始まってますから。
つか、新番組
「マジレンジャー」

また語呂合わせギャグタイトルできたのか。
デカは「大きいレンジャー?」を彷彿とさせておいて「刑事(デカ)レンジャー」でしたが
マジ?マジ?って何だよ?本気レンジャーですか。

マジックレンジャーらしい

味噌汁吹いた。

魔法を使い、ロボにのって闘う。
ここでものすごい矛盾が発生するのは私の気のせいでしょうか。
それとも鋼の錬金術師ばりに、魔法という名の科学と機械が同居する世界なのでしょうか。教えてお兄さん。

2005/01/29(Sat) 01:34 上京してくるよ
では上京してきます。
ネット環境がないので更新できないですが
生きてますのでヨロシク!

では!

2005/01/28(Fri) 21:32 iPodmini壊れた ('A`)
えきしょうになにもうつりません。
うんともすんともいいません。

   ||
 ∧||∧
( / ⌒ヽ   
 | |   |
 ∪ / ノ
  | ||
  ∪∪
   ;
 -━━-

一日15時間以上フル稼働してたら2週間でつぶれるもんなんですか?
つか新幹線を音楽ナシで移動するのは辛すぎるズラ

2005/01/28(Fri) 13:15 レゲーな音楽
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/retro/1102321558/l50
【BGM】BGMが神ゲー考察スレ【音楽】

このスレはなんか面白そうなんですが、
それよりも気になるのが1です。
普通上げてこないラインナップを上げてきています。

確かに名曲でした。
特に強襲サイヤ人は相当な数で名曲ぞろいです。
ラディッツが出てきたときのあの不穏な音楽がまたかっこよかったり、
OPメニュー画面の曲などもかなり爽快感あふれます。

ドラえもんギガゾンビの逆襲については
レゲーを見ているとたまに見かけるのですが
そんなに名作だったのか。
ラスボスの曲がよいらしいので聞いてみたいのですが
アレンジなり耳コピなりが全然みつかんない。
だれか情報ください。

-------------------
301 NAME OVER[sage]ID:???'05/01/05(水) 01:47
キテレツ大百科の音楽は、ある意味神業
-------------------
奇天烈大百科のゲーム自体がキテレツ
という話はあるけど音楽もそうなのか!

まさに「キテレツじごくをつくるナリよ」(ゲーム中のコロ介のセリフ
よろしく音楽の存在が微妙に気になった時点で負けかもしれません。

⇒ファミコンのキテレツ大百科のレビューはこちら(週刊クソゲー友の会)


2005/01/28(Fri) 11:13 イベントごとの告知
色々告知

★通常の通販について
12月から滞っておいた通販処理を終わらせました。
来週になっても届かなかったら事故です。伝票と一緒にご連絡ください。

★1/30の搬入物
当初中猫だけにしようかと思いましたが、机が寂しいのでもっていきます。
・中猫のシナリオ書きの本委託
・幻想水滸伝 傭兵たちの宴4
・逆転裁判本2種
このあたり〜。

2005/01/26(Wed) 14:36 ロイエドファンはまず見ておけFLASH
さて、鋼のエド受け萌えサマ。
FLASHでもおなじみの「ラヴバラッドは永遠に」サイト運営、よしむら様が新作FLASHを出されました。
単品単品で結構楽しませてもらってたのですが、今回は長編完結ということで。

⇒『疾走する日々の果てまで』
※ロイエドファン限定女性向けなので注意

ヒューロイである当方でも切なさとこみ上げるものを感じた作品です。
しっとりと、おごそかで静かで。TEXTがとんでもなく清楚で息を呑む。
⇒Wiseman Project氏の曲が感情を強く揺さぶる。
女性向けが平気な人は一度見て欲しいかも。

正確にはNOGI様とのコラボによって作られた作品です。
サイトはこちら
FLASH⇒ラヴバラッドは永遠に/YOSHIMURA・M
コミック⇒graphica/NOGI SANAE

2005/01/26(Wed) 10:59 本日の拾い物
⇒[アニメ・漫画業界] アニメ・漫画業界人「名言」スレ (情報源:かーずSP

こっちの世界に飛び込む人はまず見ておいても損はないかと。
たくさんの名言が存在しますが、その中でひとつや二つ、抱え込むほど大事な言葉が見つかると思います。

藤子・F・不二雄先生の
「心血注いでも駄作は駄作、鼻歌混じりで描いても傑作は傑作」

という言葉はいつ見ても名言ですね。
あと、今回はじめてみた名言で

「適当にやらないとね、漫画家は、死ぬよ。
手塚治虫さんなんか医学博士なのに死んじゃった。寝ないで描くから。
トキワ荘の人も平均寿命前にみんな死んじゃってるでしょ。
寝なきゃ駄目。食べたいものは食べないと駄目。疲れたら休まないと駄目。

水木しげる 」

ゲゲゲのコミック読んでみようかなぁ。

2005/01/26(Wed) 00:09 俺屍おまけ続報
あまりの反響に驚いた 俺屍制作者の「桝田省治」氏。
BBSに以下のようなレスをつけられています。

------------------------
そんなに俺屍って面白かったっけ、というか、こんなに愛されてたんだ…
 だって、もうかれこれ5年だろ。
 うれしいけど、まいったなあ… でもうれしいぞ。
 やばいなあ。シャレですまない勢いじゃないか。
 こんなに熱く望まれてるなら、僕の側には動機付けが大してなくても
1回くらい禁を破って、ユーザーのためだけに作ってもいいかな、なんて、
ちょっとだけ思ったりもした。
 う〜ん。でもいいのか? こんな前と同じような使いまわしの企画で。
 申し訳ないが、少し考えさせてくれ。
 実現性があるかどうか、各所と相談するから。
 えーっと、でもあまり期待するなよなあ。
 それと「プロローグ改訂版」は、とりあえず今日までの予想を上回る
ご愛顧に感謝してのサービス(笑)。
---------------------------------

これだけでもう買う気マンマンですよ。
PSPの購入は悩むところだったんですが、
このゲームの為に絶対買う。

というわけで続けて
⇒MARS
に愛の言葉を。
愛の言葉だけではなく、要望や希望が欲しいとおっしゃられているので
思いついた方は書き込んでみるとよいかも。

というか、自分、本当に俺屍が好きだったんだなぁと、
今回の情報見て思いました。

2005/01/25(Tue) 22:07 オレシカ続報
下記日記のオレシカ2情報から続きです。

どうもMARSの方で
オレシカ2の動きが本気で出始めているようです
以下 更新履歴から抜粋

----------------------------------
企画中・開発中のソフトBBSコーナー
記事番号579
「仮に」PSPに俺屍1を移植するとしたら
記事番号580
「仮に」PSPで続俺屍を開発するとしたら
それぞれにて皆さまからのご意見を
募集しております。
----------------------------------

というわけで、PSP移植+開発するとしたら
などなど皆様、お知恵を送りまくりましょう

ちなみに1のPSP移植について、
「どうせならユーザーの要望を出来る限り取り入れようと思います」
とのこと。
前回プレイした方は、ぜひとも書き込みヨロシクお願しますってかんじだ!!!!
個人的には町の発展様子をもう少し面白くして欲しいかなってかんじ。

⇒MARS

ユーザーの意見を直に取り入れるすごい会社だ。

2005/01/25(Tue) 17:36 本当かはしらないが
⇒んじゃめな本舗のホームページ
より

「俺の屍を超えてゆけ」続編スタートか!?

という素敵過ぎる鼻血を出しても足りないほどに最強の情報が舞い降りました。
企画だけなら通ったという状況らしいのですが、
ぜひとも死ぬ気で通していただきたいです。

このゲームを作っている
⇒アルファシステム
(MARSだったと思うんだけど色々と管轄が違うのか?)
名前があまりにも地味なのでうっかり社名すら忘れられそうな会社ですが、名前で判断してはいけません。
実は世に名作を着々と生み出している会社でもあり
世間的なヒットはないものの、こちら側の世界では知らない人は
いないと言われるほど名作ゲーを出されています。
中でも「俺の屍を超えてゆけ」を筆頭に
「式神の城」「ティルズなりきりダンジョン」
そして「ガンパレードマーチ」もこの会社から生まれてきました。

ガンパレだから有名なんだよね?

いや、それは違います。
このゲーム会社。
何かどっかの頭のネジが数本とんでいるからです。

アルファの初期の頃のゲーム「リンダキューブ」は今までに無い世界観と
システムを打ち出したトンデモゲームであり、一部の
マニアから絶大な支持を得ていました。
その流れに沿ってかその後発売したのが

「俺の屍を超えてゆけ」

略して「俺屍」

このゲーム
「江戸時代のような時代の話で、
鬼が主人公一家に呪いをかけてしまい、
主人公はそれを解き放つ為に闘う」

という、ごく普通のRPGのはずなのですが、
このゲームの凄さは普通一般では考えられません。
まず

・二年で成長し、死んでしまう上、子供が作れない呪いをかけられる
・そんな一家を哀れに思った神様が「神様と子作りならOK宣言」
・以降、2年の間に成長し、神様とエロって子供を作り、生み、育て、また2年の間に子供を。
というとんでもない循環。
・しかも神様の数はなんと100人くらい
・更に生まれてくる子供のパターンも異様に多い
 しかも顔あるし

肝心のゲームシステムについても文句がないほどのできばえ。子孫に受け継がれる能力・・・職業、性格や病気もち、そして最後の死に際のセリフが一人一人違うし!!!!

このゲームは、普通のゲーム会社がおそらく面倒くさがって、企画すら通らないであろう神様100人プラスその子供たち(既に生まれている子の遺伝子によって髪色や瞳も変わる)を見事やりとおしちまった素晴らしいゲームである。
更に説明書などは、説明書製作者の家庭自慢や苦労話が読めるという、わけのわからない展開。正直、貴方の子供や家族のことはどうでもいいんですが、気になります。


以上のゲーム性からして、ガンパレードマーチのような化け物ゲーが何故出来たのかは非常にわかりやすいと思う。
恋愛と戦闘シミュレーションが同一レベルで高いゲームは未だかつてない。

ちなみにオレシカ公式サイトでは
同人誌の紹介も行われている
とても心の広い会社である。

2005/01/24(Mon) 13:07 久しぶりの
久しぶりの熊さんこんにちわ。

10月の時点では今年頭に傭兵たちの宴5を出すはずだったんだがなぁ。

一寸先は猫ですね。

2005/01/23(Sun) 00:33 振り返るFLASH
同じものばかり出しててもみんな飽きるでしょ。

だからPV系に手を出した

けどそろそろ飽きてきた。
早くできるってことは、ごまかし方を知っているからだよ。

だから違う雰囲気に手を出してみた。
罵倒されようが「いつものじゃなくてガッカリ」って言われようと
自分なりの新雪を踏む、これ快感。

2005/01/22(Sat) 21:46 ひぐらしのなく頃に
ひぐらしのく頃に

※今回はネタバレ要素を含んでいるので
今からやってみたい人は飛ばした方がいい


去年、ちまたで噂になった
⇒ひぐらしのなく頃に

同人ゲームソフトでありまして、「面白い!」と広まった為にものすごいスピードで人気を増したらしいです。
とりあえず体験版がサイトに置かれていたのでプレイしてみました。


はう〜 レナちゃんかわいい お持ち帰りしたい〜〜〜〜

と、思わずゲーム内の口調で言ってしまいたくなるくらい、
各キャラクターが生き生きと描かれていました。
途中のエピソードでは思わず噴出したりしたよ。
かなり笑わせていただきました








って、
怖っっっっ!!!!!!

なんなんだ序盤の明るい展開から徐々に忍び寄るこの魔の手というか。
つか怖っっ!!!!!

↓ネタバレ
なんかもう指ツメテ
「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」

↑ネタバレ

序盤は美少女ゲーノリに、主人公と可愛い女の子と主人公を取り巻く女の子たちとの心温まる フ レ ア イ が存在しまくるのですが。
あまりのギャップに中盤以降の展開(当方が望むホラー的な展開)にうっかり引き込まれていました。

たとえるのならば
「美少女風かまいたちの夜」かもしれません。


なんていうか体験版で
プレイ時間が4時間以上というのが、既にホラーだと思うのですが。


ひぐらしのなく頃に
十分楽しめる体験版があるので、気になる方とまとまった時間のある方は遊んでみるといいかも? かも?
(※レナ口調)

2005/01/22(Sat) 02:03 エキスポの作品は
FLASHエキスポの作品は
「よくわからないものが飛び出す予感がしてなりません」
と言ったとおり、よくわからないものが飛び出します。

けどこの作品はある意味当方が2年前に製作途中で封印した
「窓際」というFLASH作品に近いスタンスの作品であることに
気がついた。

そうだ、だから作りにくいんだ。

2005/01/21(Fri) 22:25 大きく振りかぶって 第三巻発売




















現在 野球漫画萌えブレイク中の
「おおきく振りかぶって」

Click Here!


略しておおふり の第三巻が発売されました。
※これは一巻ですが

これは榛名が主人公の漫画でしょうか?
榛名かわいいねぇ榛名

ともあれやはり話の展開が精神的な部分による更新の方向性が強いので楽しいです。野球やスポーツ漫画が苦手な人はお勧めです。

ちなみに当方はスポーツ漫画苦手です。
スラムダンクとかキャラクターはステキなんだけど、どうにも苦手です。
けど格闘スポーツ漫画は好きです。

ちょっとネタバレになりますが、
この作品って、ジャンプ的だと多分

敵が現れた→とても悪いやつだ!→実は過去が・・・→戦ったら改心した
という流れになるんでしょうが

敵が現れた→とても悪いやつだ!→過去もダメダメじゃん!→
けど、もう立ち直っていますから残念!
今から俺のいいとこみやがれ!
→そういえばこんな過去がありますた(ボカシ)

というナイスな展開なので好感度アップですです。
二巻最後で出てきた榛名は、( ´_ゝ`)フーン
って感じだったんですが、3巻の彼の黒さと白さ(?)を沢山見れたので当方好みのキャラクターになりました。
無理矢理読ませる過去ストーリーではなく、現在交えての展開だったので面白かったです。
榛名萌えは多いんだろうなぁ。

榛名受けは茨道ですか?


というか私が彼を描いたらどうみてもテニスのプリンスにしかならんのですが

それより帯にかいている
「読者が発見した話題作」

「腐女子が発見した話題作」
の間違いでは。

※おおふり は腐女子視点で見なくても面白い漫画です

------------------
余談ですが今週のデスノートの

キラの顔にワロタ


2005/01/21(Fri) 17:25 名古屋マックだぎゃぁ
1/22
⇒名古屋アップルストアオープン

それはいいんだけどさ

こ れ は な に か ね ?  ん ?

⇒ミドリがいっぱい〜


15日発売騒動のあのiシャッフルが
山積みです。コラコラコラ。

2005/01/21(Fri) 13:27 太るぜ・・
コイケヤのスナック菓子
⇒Oh!Chips

実はこの「オーチップス!」シリーズは当方も大好きで、スナック菓子の中ではおそらく一位です。
このシリーズは夏や冬にひょんな拍子で現れます。
どうやら2月まで期間限定発売を今年も実施しているみたいなので、コンビニに行かれる方はぜひ。
もう 3.4年の付き合いですよ。

このシリーズは当方が知る限り、三種類ありまして
「塩味」「サワクリームオニオン」「梅(シソ?)」
ポテトチップスの厚みとさくさく感が丁度よく、サワ等はいい感じの味の濃厚さがクセになり、こいつのおかげでどうでもいい商品でもサワクリームオニオンを選んでしまい欝になることもあります。
梅はどうも夏限定みたいですね。
塩+オニ 塩+梅の2種類が売られているのをよく見かけます。

サワクリームオニオンはどこの店舗でも売れ行きがよいので見かけたらふた袋は購入しておきましょう。

2005/01/20(Thu) 17:56 ネタがないな
⇒着FLASHきたー

着ムービーを羨ましく思っていた当方にとっては、FLASHを使って表現できるのはありがたいです。
というかますますauがいい感じになってきましたね。

当方のはどうも一年たって割引ききはじめたらしくてますますかえづらくなってきました・・・PCのように携帯の発展速度が速すぎる・・・・

2005/01/19(Wed) 11:10 実はipod シャッフーを買いに行ったとです・・・・
「すべてを偶然にまかせよう」

⇒iPod shuffle 

MP3ウォークマンも1万円で買える時代に突入したのでした。

※MP3ウォークマンとは音楽を数百曲も放り込めるウォークマンの類。
 PCに少しは精通していないと手が出しづらい代物だったが、
 MACの怒涛の快進撃により近年日々増えつつある。


15日発売でありまして、新しい電化製品大好きな当方にとっては丁度タイムリー。愛用していたMP3ウォークマンも壊れておりまして(電池部分がバッキバキの時点で愛用と言えるか否かですが)丁度新しいのが適当に欲しかったころあいです。

ので、発売日当日、わざわざ普段しない早起きしてビックカメラなぞ行ってまいりましたが。

入荷台数:30台
予約者数:96人

明らかなる飽和。

ビックカメラはあらかじめ予約で対処していたらしいですが、MAC直営店(東京)では200人のお客様が極寒の冬の大都会の中、列を成していたらしいのですが当然30台しか用意しておらず。

そもそもアメリカで専攻発売されていたのですが

⇒親父その箱よこせ(情報源見習いタソ)

何本買うんだお前は。

そんなアメリカの人々が買いあさったのでおそらく日本で売るだけの量がなかったのではないかと、白い気持ちで思っておきます。戦略なんて考えませんよ。


で、結局すごすごと帰ってきた。
で、お話はめでたく閉められるはずなのですが。

⇒iPod mini購入

青い子青い子ヤホーヤホー!!!!!!!!!!

いやね、正直りんごさんはどうでもよかったんですよ。
噂のminiもどうでもよかったんですわ。高いし。

けどね、展示している子を見たらね。
これまた小さくてかわいいのね。
手にすぽっと収まるかんじ。

もうね、こんなカンジ
 .__
ヽ|・∀・|ノ やあ ぼく ろとにー!
. |__|       あいぽっどミニ! がんがるよ!
  | |

お前ら一列に並べ、と


手触りもさらさら。タッチ形式でらくらく仕様。

気がついたら惚れていました。
なんてつつましかやな上品な子なの!と。


というわけでiPod mini購入記念に
中佐と猫の方で今夜モノあぷーしますよ。(関係ない)

※ろとにーは私的似非ベジタリアンから

2005/01/17(Mon) 18:18 MUZIEは重い
⇒MUZIEは重い
とにかく重い
なんでそんなに重いのかと子一時間問い詰めたくなるくらい重い。
あんなに重いとリスナーがどんどん減ってくんではないかと心配。
満員御礼ジャネーヨ!
入れないだけならまだしも、せっかく見つけた曲がエラーでDLできないとかもう相当辛い。

お金が無いのか!儲かってないのか!
もうそろそろ有料化してもいいから軽くしておくれ!
毎月500円の会員とかだったら余裕で入るからさ!いや本当にもう!
知名度は十分だよMUZIE!お金払ってでも聴きにくる人は絶対いるって。
realだけ聴けるようにしてmp3は会員だけとかにすればいいじゃん!
ねぇ。

この重さが解消できるのなら、本気で有料化キボンヌ。
特に12時 18時 23時が重くてダウンできないよ・・・・

てか昔はここまで重くなかったと思うんだけど一緒か?
-------------------------
MUZIE登録されている、のんびり癒し系アコースティックギターの
⇒YASUさんの曲が
昨日見ていたTV番組の天気予報で流れたような気がするんだけど
気のせいかな?
あそこは400曲以上のギターがあるから聞き間違えかもしれないけど
確かに聴いたことあるんだよねぇ・・・
タイトルチェックしておけばよかった。
つかYASUさんとこ・・・気を抜いたらまた曲が増えています。
まってまってよ。
また全部聴くのが大変なんです。
二ヶ月ぶりにいったらまた40曲くらい増えてました。

2005/01/16(Sun) 19:56 鋼のシャンバラ逝ってみる
さて、
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを往く者
どうやら特別映像を公開しておられるらしい

そんなことはどうでもいいんですよ。
それよりもその映像公開している公式サイトにある写真
⇒前売りスイングキーホルダー

真ん中のはいいとして

両端の二人はいったい誰ですか

なんかこわいひとたちですね。

アニメのロイは後半、片目をケガされたみたいですが、そうかそのままいっちゃうのかー?
すいません、どうも漫画しかほとんど見てないのでこの事実は受け入れられない・・・。

幻想水滸伝のお話で、当方が大好きな「フリック」という青い人がいるのですが。
この方、続編の2が出るときの初期設定が
「片目失い、片足も失う」
という超絶的に可哀想としかいいようのない設定でございまして。
イラストレーターの反対により、無事五体満足で登場致しました。
その代わり2では108人の仲間達の間で一番運パラメーターが低いキャラクターとなりました。
また、4では希に見る最強のヘタレキャラクター「スノウ」と同じ宿星を背負ってしまいました。

彼に比べればロイの片目はまだマシなのだと思っておきます。

けど原作設定じゃないからロイの片目はなかったことにします。

2005/01/16(Sun) 15:33 久しぶりに
膨大なmp3を整理しておりましたら出てきた

「幻想水滸伝1」戦闘曲

なんていうかもうこれ名曲
名曲すぎて泣けてきた
あれ?何、この頬に伝うアツイ涙は!!!!
スノウは最高だよ!何故に!?

幻想水滸伝3の曲は酷評価をよく見かけるんですが、私的には結構好きランクなんですよね。
行く手を阻む者なんかかなり好きです。なんというか、ゲドいいね。ゲド。
42歳(112歳だったか?)のオヤジのくせに、同人ではメルヘン脳内でかかれちゃうところも最高だよね!(私だけか)
というわけで音楽聴いてたら不思議と萌えてくる神倉でした。

42歳の天然無口オヤジが主人公になれるゲームは幻想水滸伝3だけです。


2005/01/14(Fri) 22:16 ゲームプレイヤーコミックス
ドラゴンクエスト4コマ劇場。
この本を知っている方は結構多いと思われます。
ガンガンの礎となり、今存在するゲーム系四コマやアンソロジーはここが原型だと言われています。

このDQ4コマ劇場の裏に、
当時もう一冊ゲーム漫画を中心とした本があったのをご存知でしょうか。


みのり書房から発行されていた
「ゲームプレイヤーコミックス」は全7巻。
7巻発行したところでみのり書房がおつぶれになってしまい、当時連載していた漫画のラストに「つづく」の文字が描かれているのが哀愁漂います。









今でこそ一般的に人気を博したゲームの4コマ漫画本が発行されるという方向性になっておりますが、
このゲームプレイヤーコミックス。
第一巻のしょっぱなから特集が
「ウィーザードーリィ(以下WIZ)」特集
となっておりまして、
その他に掲載していた漫画は「イース」と「テトリス」
というわけのわからないラインナップがそろっておりました。
イースやWIZは人気は確かにありますが、両者とももともとPCゲームであり、かなりコアなファン層を狙ったというか、明らかに編集者が作りたかっただけではないのか?と疑いたくなります。
今見ると暴走しているとしか思えないのですが。
しかし漫画の内容はそこそこ面白く、ゲームを知らない人でも十分にひきつける作品が多かったと感じます。
執筆者で有名どころですと、DQ4コマで、王道でありながらガッチリと面白い4コマを描いておられた石田和明先生(こちらでは「いしだみつなり」)WIZのシリアス漫画を描いておられた「石垣環」先生、中瀬ひろき先生、島田かずひろ先生、
そして、今や知る人ぞしる「魔方陣グルグル」の衛藤ヒロユキ先生も執筆されていました。ええもちろんWIZで。

この衛藤ヒロユキ先生がまたクセモノで、2巻の「イース特集」では見事
「テトリス」漫画を描きなされた上に、3巻の「シムシティ特集」で、「市長ジョン・ハッチ-日本語吹き替え版」などという今までの衛藤氏の漫画で一番ハイレベルな漫画を描かれておられます。

そもそも2巻のイース特集はまだしも、その他の漫画が「ネクタリス」や「改造人間シュビビマン(PCエンジン)」「ジノーグ」等、当時ドラゴンクエスト3やFF3が出回っていた時代に、売ろうと考えるとありえないラインナップのゲーム漫画を載せていたのが印象的です。

第三巻で既にその暴走は止まらず、SFCの隠れた名作(迷作?)「ガデュリン」や、またもやPCから移植された「ダンジョンマスター」等がありました。このダンジョンマスターの漫画がまた結構面白く、当方はこれのおかげでこのゲームを購入いたしました。
ダンジョンマスターはゲームの中でも当時としては異色の存在であり、女神転生のような3D視点のゲームなのですが、仲間が死ぬと骨になり、それを拾ってなげられる事ができる等いかにも洋ゲーらしい作りでした。
おなかがすくと死んでしまうので、ワームの肉で飢えをしのぐなかなかステキなゲームです。

3巻あたりともなると、WIZ漫画も定着し、連載化ノリで普通に掲載。
ゲームプレイヤーコミックスは
「WIZ」+「イース」+「コアすぎる漫画」で構築される本となり、
ますますわが道をゆく漫画雑誌へと成長してゆきます。

長くなりそうなので続く

2005/01/14(Fri) 10:07 幻想水滸伝フィギア
さて、ここんところ
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 軍部!軍部!
 ⊂彡
が二ヶ月ほど新風神風特攻隊の如く突撃して無事ハワイのお空の上空まで行きましたので

そろそろ幻想水滸伝の話でもしてみようかと思います。
丁度ネタも出てきたので。

⇒幻想水滸伝フィギア
確かこの情報は一昨年くらいに出たような気がするのですが気のせいでしょうか。つかもうでてるの?いや、まだ出てないの?どっち?
とりあえずスノウのフィギアはどこですか。
「腕が・・・!」とかイイながらうずくまるスノウのフィギアがあったら5千円までならネタとして買います。
シークレットはもちろんスノウですよね!!!!!(ありえない)

とりあえず画面が小さいので顔がいまいちわかりませんが、ゲドが欲しいです。
それより、待望の坊ちゃんが
怪しげな格闘技でもしていそうなポーズなのはどういうことだ。
その右手はなんだ?ん?明らかに棒を持っていたようなポーズだけど、なんかの関係ではずすことを余儀なくされたのか?
靴をトンガリボウズにしたことは褒めておくけど、棍がない坊ちゃんはどうよ!

で、シークレットはもしかしたらフリックですか(夢を見るな)

普通にネタを振ると
炎の英雄がいないので、多分ヒデオさんだと思います。
ヒデオさんはどこまで逝ってもシークレット扱いですか。

けどこれで本当のスノウだったら、私はコナミさまに
「正直よくやった。GJ!」と言って差し上げたいです。


というわけで当時ひっそり作っていたスノウの漂流スクリーンセーバー
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8429/sunou_scc.zip
欲しい人は持って帰るべし。
あとスレで見つけた
⇒ラズリルそっくりの旧市街
やっぱりファンタジー好きとしては一度は行きたいトルコですね

2005/01/13(Thu) 10:03 マスターアップ完了〜
中佐と猫マスターアップ完了〜。当日はちゃーんと販売。
というわけでつぎは

フラハクです
FLASHエキスポです。イエア!!!!!




今から作ります。
多分中佐と猫よりタイトなスケジュール。

つか某ニュースサイト様心臓に悪すぎです('A`)シヌホドオドロイタ



------------------------
さて、その某ニュースサイトサマから得た情報で
⇒少年ガンガンの歴史
当方もドラクエ4コマ当初から応援していたものにとって、このまとめサイトさんは非常に的を得て書いてらっしゃると思います。続きが気になる。

当方がガンガンを見守っていたのは丁度、南国少年パプワ終了間際まで。
パプワがシリアス展開になり、今からシンタローさんが出てくる!ってところで数ヶ月の休載。
理由は作者の結婚によるものでオメデトーオメデトー。
(今はどうなってんのかしりません)
そのあたりからシリアス路線に向かっていったパプワ+パプワ以外の漫画がいまいち面白く感じられない。
また、上記サイトで言われている「中性路線」はもともと当方の肌に合わず、(その為ツインシグナルは中盤から苦手だった)パプワ終了と同時に当方はガンガンを見なくなります。

それからふとした拍子にガンガンを手に取ったとき(丁度守って守護〜あたりか?)パッパラ隊がまだ連載していたことに驚きつつ「ガンガンも変わってしまったけど、いい場所にたどり着いたな」と、北の国から東京へゆく若者を見送る気分となっていたのですが。

ここから先は当方の知らない低迷期。
唐突に飛び出す大人気連載のまさかのお家騒動。
ガンガンをたくさん知りたい人はぜひ上記のサイトコラムへ。楽しいよ。


ちなみに創刊当時のガンガンで連載していた
「激動 一番!」
上記サイトでは
『格闘+ギャグで一世を風靡した「激闘! 一番」』
フォローしておられますが、
⇒バーチャルネットアイドル ちゆ12歳(12/25の記事)
で細かく紹介されています。
確かにこの漫画は当時中学生だった当方から見ても
微妙な漫画オーラを放っていた記憶がかろうじてございます。

良い子のガンガンの読者さん!
創刊当時はこんな漫画がタクサンアッタノデスヨ!!!!

私はこの頃の「少年」と呼ばれるガンガンが一番好きです。

2005/01/12(Wed) 15:00 すべてにおいて空気が抜ける
FLASH職人、nnm氏のサイトにあるリンク。
http://www.geocities.jp/nnmtondayanemadetonda/
            nnmとんだやねまでとんだ 

----------------------

リンク

素晴らしいサイトばかりです!!


ギースハワード応援ページ…数年前に閉鎖。


----------------------
Σ(゚д゚;)

ギースハワード応援ページなんてものがあったのか!!!!!

いやいや、その前に数年前に閉鎖かよ!!!

って、ちょっとまってください。
素晴らしいサイトっていっても1つしかない上に閉鎖されてますよ!



と、リンクページだけで三回も突っ込ませてくれるnnmさんは偉大なので、このページはこのままにしておいて欲しいと切に願うのでした。

2005/01/11(Tue) 00:23 キッズgooはじかれサイト




















⇒キッズgooはじかれサイト

ステキにはじかれているので甘酸っぱい気持ちをかみ締めてみました

キッズgooとは子供さん用の検索サイトらしく、
検索してひっかかったページにアクセスしようとした時
そこが有害サイトだとgoo側が判別していれば

「ごめんね。ページがひょうじできませんでした。」

とステキにあしらわれるシステムです。

というわけで
ステキにあしらわれた当方のサイト。
くそう、そんなに有害なら有害なものを描いてやる!
と、描いて見る。がんばった自分。

2005/01/06(Thu) 14:50 お年賀画像
というわけで描いてみたよママン!

黒髪なのにこんなに着物が似合わない人だとは思わなかったよ
そりゃヒューズさんもびっくりだ!

2005/01/05(Wed) 16:47 次の製作
さて中佐と猫の作業はまだ終わってませんが
次へ逝かなくてはなりません。

FLASHエキスポのチケットがもうすぐ発売ダーヨ
で、一個やりたいネタがあったというか、まぁあったのでネタだししましたが、どこまで引っかかるかが微妙な路線だなぁと思いつつ

彼女が主人公になるか、まったく別のFLASHになるかはまだ定まっていない現状 フハハハ。

当方はよくお店屋さんで「ねぇ、ハンバーグにしようかな、メンチカツもいいよね。うーん悩むなぁ・・・よしメンチカツにしよう!」
「ご注文はいかがですか」
「ハンバーグで」

と答える人間です。

予定は未定です。

2005/01/04(Tue) 10:02 あけおめことよろ!
って、遅いよもう四日目だよママン

今年もよろしくお願い致します。
今年の抱負は

清く正しいFLASHサイトです。

ちょっとでも気を抜くと間違えた方向のFLASHを作りそうなので
気を抜かないための言葉です。

きっと三日後くらいにはこんなこと書いたなんて覚えていない。
というか仕事初め。眠い。死ぬ。


- UpLoad Diary SYSTEM (Version 1.3) - -- input --